1. 組織の拡充強化について

料理研修会に参加された方々に対する入会促進活動をはじめとして、各役員による個別の入会案内などを行いました。

結果として当年度末の会員数は、正会員79名(前年度81名)、準会員3名(前年度5名)、合計82名(前年度86名)。 ご支援いただいた賛助会員数は16件(前年度16件)。

主な普及活動は以下のとおり。

  1. 会員名簿の作成・配布
  2. 京都料理飲食新聞への広告掲載
  3. 料理研修会での入会案内

2. 料理研修会の実施について

当会正会員をはじめとする調理師や一般の方々を対象にした料理研修会を2回開催し、平成11年度から始めた当研修会は26回を数えることとなりました。今年度は、初めて全日本司厨士協会から講師を招いてフランス料理の献立による研修会を開催するなど、新たな取組みも行いました。

各回ともに和やかな雰囲気の中で若い会員の方々や一般の方にもわかりやすく楽しい研修会を開催することができました。内容等は以下のとおり。

第25回料理研修会

日時 平成22年11月11日(木) 21時~22時15分
会場 京都調理師専門学校
講師 安田 和彦 氏 :
全日本司厨士協会 京都府本部 副会長 / 京都調理師専門学校 副校長
テーマ 和と洋の融合「新しい調理技法を学ぶ」
受講者 35名

第26回料理研修会

日時 平成23年2月21日(月)21時~22時15分
会場 京都調理師専門学校
講師 小笹 貴夫 氏 :
三木半旅館 料理長 (当会理事)
テーマ 手間とこだわり 「薄氷(うすらい)立春」
受講者 50名

3. 食べ歩き研修会の実施について

料理の知識を広げることや、会員同士または食に関心をお持ちの方々との親睦・交流の機会を持つことを目的として、食べ歩き研修会を実施しました。

会場である南禅寺順正の由緒ある建物や庭園に加えて、同店の料理長で当会理事の吉冨国男氏からは料理や素材に関する説明もあり、和気あいあいとした和やかな雰囲気の中、古都を五感で味わう有意義な研修会となりました。

日時 平成22年8月2日(月)18時~20時
会場 南禅寺 順正 (当会 吉冨 国男 氏が料理長)
内容 納涼のもてなし
受講者 16名

4. 「こどものための愛情弁当コンテスト」への協力について

(社)日本調理師会本部の事業として今年度から実施された「こどものための愛情弁当コンテスト」に協力し、応募作品の募集、当会の予選審査、優秀作品として1作品を本選に推薦した。

詳細は以下のとおり。

作品の募集 平成22年11月10日~平成22年12月10日
応募作品 26作品
優秀作品 森 由江 様 「トナカイときつねサンタのキラキラ弁当」
※ 本選の優良賞を獲得されました。

5. 会員の福利厚生事業について

調理師関係の各種表彰には当会会員を積極的に推薦し、以下の方々が受賞されました。

  • 宗川 裕志 氏 : 平成22年6月24日 (社)日本調理師会京都府支部会長表彰
  • 平岡 千賀子 氏 : (同上)
  • 黄川田 茂 氏 : (同上)
  • 盛末 実佳 氏 : (同上)
  • 橋本 敏貴 氏 : (同上)
  • 笹井 昭彦 氏 : 平成22年6月23日 (社)日本調理師会会長表彰
  • 三嶋 吉晴 氏 : 平成22年6月24日 京都市長表彰
  • 小笹 貴夫 氏 : 平成23年1月24日 京都府優秀技能者表彰(京都府の現代の名工)

ページ先頭へ